2回医療保護入院 閉鎖病棟

隔離室(保護室)からでてからは、他の入院患者と話したりしてました。

この入院でも、ベンゾジアゼピンは、デパスとレンドルミンになり、デパスを減らしていきました。

抗精神病薬はリスパダールになりました。
そのせいか、怠くて眠くて、後半はずっと寝ていました。

主治医に呼ばれましたが、眠くて話をおぼえてません。
ただ
「退院したらエビリファイに変えるように言って」
と言われて、眠くて無理と思い
「(紹介状に)書いておいてください」
と答えた事は覚えています。

リスパダールで怠く、髪の毛も洗えなくなりました。

よく精神科は退院できない、と聞きますが私の場合、3か月もいませんでした。追い出すように退院となりました。

2か月ちょっとの入院でした。

 


にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 2回医療保護入院 閉鎖病棟

2回目医療保護入院 隔離室

2回目の医療保護入院(2015.10.05〜12.14)も、やはり隔離室(保護室)から始まります。
今回は、前回とは違い長い間いたと記憶します。

前回と違い、目は醒めてました。

ティシュが欲しくて、看護師さんを何回も呼びました。この部屋には、ティシュも何も無いのですが、最終的にティシュをおいてもらえました。
暇と看護師さんを呼びました。筋トレでもするように言われます。
よく、隔離室(保護室)で拘束されてた、と聞きますが私はされた事はありません。

 


にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 2回目医療保護入院 隔離室

記憶のない挙動不審

「入院設備のない精神科」が保険点数を切られた事により、30日処方を月2回もらう事が出来なくなりました。

2015年9月の終わりだったと思います。

この時期ほとんど寝ていて動けなかった、と記憶します。
とうとう、ベンゾジアゼピンの手持ちがなくなり、10月になったと勘違いした私は、タクシーで1時間以上かけ「入院設備のない精神科」にいったのを覚えております。
小さな子供が、「僕もついていく!!」といい、それを振り切るチカラがなく、付いてきちゃったのを覚えています。

これ以降記憶が、所々しかありません。

お寿司屋さんで、意味不明な事を言った記憶はあります。
実母に所に行き、不在だったけど、近所の人に合鍵があるか聞き、無かった事を憶えています。
弟に電話をし、出直すようにいわれます。
「入院設備のない精神科」に受診し、タクシーで帰ってきました。

あとで聞くところによると、ソワソワしてい挙動不審だったそうです。

主人が、リスパダールを「いくらでも飲んでいいって」と言いながら持ってきて、ベンゾジアゼピンではないにも関わらず、藁にすがる思いで飲んだ気がします。

これにより、我にかえります。

そして、紹介状が書かれれ、「入院設備のある精神科」に2015.10.05〜12.14 2回目の医療保護入院になります。

 


にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 記憶のない挙動不審

過量服薬できない!!?

3カ月後、2015.9 何時もかかっていた「入院設備のない精神科」は、処方箋料という調剤薬局に処方箋を出した時に申請できる加算が、切られた様です。
30日処方にも関わらず、月2回お薬を貰っていたからでしょう。

調剤薬局は切られなかった様ですが、病院から連絡がいったようで、切られたらそれ以降処方できない、と連絡が入ります。

これにより、ODができなくなります。

次の入院前、挙動不審になり記憶もありません。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 過量服薬できない!!?

またまた過量服薬

2015.02.28〜04.02 の医療保護入院を経て、ベンゾジアゼピンを減薬した筈なのですが、退院後元に戻ります

2015.06.27 懲りずに、プチODのどころじゃない薬を飲んでしまい、3回目の救急車騒ぎをしてしまいました。

お支払い金額10万円弱です。

主人に、もう救急車は呼ぶなーと言われ、これ以降耐える生活です。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む またまた過量服薬

薬で統合失調症?

妊娠前は、酷い時でハルシオン0.25mgを1シート位飲み罪悪感に駆られてました。
医療保護入院前は、ハルシオン0.125mgを100錠、サイレース(ロヒプノール)1mgを100錠飲んだりしてました。

最初は、頭痛の時飲むと効いたデパスです。
ちょっと眠れない時に飲むと効いたハルシオンやサイレース(ロヒプノール)です。

でも段々効かなくなり、切れた時に頭痛や服痛がし、寝れなくなっていきます。動悸がし、情緒も不安定になっていきます。

これだけ飲んでいたのだから、「薬のせいで統合失調症になったのかも」と思う反面、「統合失調症の症状がベンゾジアゼピンにより抑えられていた」という気持ちがあります。

ただ、前述の様に親類には統合失調症の人はいず、依存症の人は高確率でいるので、依存症と言われた方がしっくりくるのです。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 薬で統合失調症?

1回目医療保護入院の退院後

退院して、「入院設備のない精神科」に戻ると、薬も元に戻りました。

そう、大量のベンゾジアゼピンの処方です。

こう書いてみると、この精神科は1日量ハルシオン0.5mg・サイレース4mg・デパス6mg処方する急なベンゾジアゼピンの断薬指示をだすし、怖いですね。
当時はこんな物だったのでしょうかね。

私はお酒を飲めないのでよくわかりませんが、「禁酒後の酒はうまい」というのはこの事でしょう。
又、ベンゾジアゼピン漬けの日々がはじまります。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 1回目医療保護入院の退院後

1回目医療保護入院 薬

入院前、飲んでいたのは「エビリファイ」と「抗うつ剤」「1日量ハルシオン0.5mg・サイレース4mg・デパス6mg」でした。

入院で、「エビリファイ」「寝る前の抗精神病薬」「レンドルミン」「デパス」になり、デパスを少しずつ減らしていき、最終的にベンゾジアゼピンは、レンドルミン一本になりました。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 1回目医療保護入院 薬

体感幻覚

2回の過量服薬後、1回目の医療保護入院をしてます。

「どうして、飲んだの?」
という主治医の問いかけに、
「お腹が痛くて、麻酔作用もあるベンゾジアゼピンを飲みました。」
「お腹ががギュッと絞られる感じ」「上からも下からも出したい感じ」
と答えた気がします。
後に、食中毒を起こしますが、この時と似てました。

入院前、朝になるとトイレで吐いては、踏ん張ってました。

「吐いてるといっても、実際吐いてないでしょ?」
「胃の中身がなくて」
「体感幻覚だよ」

この後、自分が体感幻覚持ちだと思い込みます。
が、まだ依存症の自覚はありません。

しかし、あれだけベンゾジアゼピンをプチODする日々だったので、今は離脱症状を疑ってます。

ベンゾジアゼピンには反跳性不眠という、「中止によるその前より強くなる不眠」があります。
麻酔にも使われているベンゾジアゼピンが、「反跳性閾値低下」(造語)という離脱症状を持っててもおかしくないんじゃないか? と素人ながら思ってしまいます。

(脈拍も高く、この頃から脈拍計付き腕時計を探し、今使っている腕時計に辿りつきます。脈拍は脱ベンゾジアゼピンした今かなり落ち着きました)

「反跳性閾値低下」(造語)については、統合失調症と診断され、まだ抗精神病薬を飲んでいるので、辞めてみないと、真実はわかりませんけど。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 体感幻覚

1回目医療保護入院

2回目の救急搬送後、主人に連れられ「入院設備のない精神科」から紹介された「入院設備のある精神科病院」に医療保護入院(2015.02.28〜04.02)をします。

 
この病院では入院した人は必ず最初、よく独房の様と言われている隔離室(保護室)に隔離されるようです。トイレと一緒になった部屋です。
点滴をされ1・2日で出ました。
出してくれた医者が、「主治医の上司」と名乗ってました。主治医はいないので代わりに出してくれたそうです。
ベンゾジアゼピンが効いてたのか、隔離室にいる間はずっと寝てた気がします。


隔離室を出てからは、閉鎖病棟に移り、他の入院患者とお話ししたり、絵を描いたり、作業療法という名で「さくらほりきり」というパッチワークや砂絵で遊んでました。「さくらほりきり」には大変はまり、1日に2個以上の作品を作ってました。

この病院には開放病棟はなく、閉鎖病棟からの退院です。
暇で暇で退院したがってた1回目の医療保護入院は、1ヶ月ちょっとでした。

そしてこの入院で仕事をやめました。
この年、確定申告できなかったので、かなり多めの税金を納めました。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 1回目医療保護入院