2回医療保護入院 閉鎖病棟

隔離室(保護室)からでてからは、他の入院患者と話したりしてました。

この入院でも、ベンゾジアゼピンは、デパスとレンドルミンになり、デパスを減らしていきました。

抗精神病薬はリスパダールになりました。
そのせいか、怠くて眠くて、後半はずっと寝ていました。

主治医に呼ばれましたが、眠くて話をおぼえてません。
ただ
「退院したらエビリファイに変えるように言って」
と言われて、眠くて無理と思い
「(紹介状に)書いておいてください」
と答えた事は覚えています。

リスパダールで怠く、髪の毛も洗えなくなりました。

よく精神科は退院できない、と聞きますが私の場合、3か月もいませんでした。追い出すように退院となりました。

2か月ちょっとの入院でした。

 


にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 2回医療保護入院 閉鎖病棟

2回目医療保護入院 隔離室

2回目の医療保護入院(2015.10.05〜12.14)も、やはり隔離室(保護室)から始まります。
今回は、前回とは違い長い間いたと記憶します。

前回と違い、目は醒めてました。

ティシュが欲しくて、看護師さんを何回も呼びました。この部屋には、ティシュも何も無いのですが、最終的にティシュをおいてもらえました。
暇と看護師さんを呼びました。筋トレでもするように言われます。
よく、隔離室(保護室)で拘束されてた、と聞きますが私はされた事はありません。

 


にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 2回目医療保護入院 隔離室

薬で統合失調症?

妊娠前は、酷い時でハルシオン0.25mgを1シート位飲み罪悪感に駆られてました。
医療保護入院前は、ハルシオン0.125mgを100錠、サイレース(ロヒプノール)1mgを100錠飲んだりしてました。

最初は、頭痛の時飲むと効いたデパスです。
ちょっと眠れない時に飲むと効いたハルシオンやサイレース(ロヒプノール)です。

でも段々効かなくなり、切れた時に頭痛や服痛がし、寝れなくなっていきます。動悸がし、情緒も不安定になっていきます。

これだけ飲んでいたのだから、「薬のせいで統合失調症になったのかも」と思う反面、「統合失調症の症状がベンゾジアゼピンにより抑えられていた」という気持ちがあります。

ただ、前述の様に親類には統合失調症の人はいず、依存症の人は高確率でいるので、依存症と言われた方がしっくりくるのです。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 薬で統合失調症?

1回目医療保護入院の退院後

退院して、「入院設備のない精神科」に戻ると、薬も元に戻りました。

そう、大量のベンゾジアゼピンの処方です。

こう書いてみると、この精神科は1日量ハルシオン0.5mg・サイレース4mg・デパス6mg処方する急なベンゾジアゼピンの断薬指示をだすし、怖いですね。
当時はこんな物だったのでしょうかね。

私はお酒を飲めないのでよくわかりませんが、「禁酒後の酒はうまい」というのはこの事でしょう。
又、ベンゾジアゼピン漬けの日々がはじまります。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 1回目医療保護入院の退院後

1回目医療保護入院 薬

入院前、飲んでいたのは「エビリファイ」と「抗うつ剤」「1日量ハルシオン0.5mg・サイレース4mg・デパス6mg」でした。

入院で、「エビリファイ」「寝る前の抗精神病薬」「レンドルミン」「デパス」になり、デパスを少しずつ減らしていき、最終的にベンゾジアゼピンは、レンドルミン一本になりました。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 1回目医療保護入院 薬

救急車をよんでしまう

正直、迷惑行為です。

はじめ、たまにしか飲なかったベンゾジアゼピン系ですが、徐々に量は増えていき、最終的にサイレース(ロヒプノール)1mg100錠、ハルシオン1.25mg100錠位一気に飲んでしまいました

不安になり、救急隊に聞いてみると救急搬送されてしまいます。
「2015.02.23」と「確認の取れない日」と「2015.06.27」の3回も!!?


大事な事なので2回書きますが、迷惑行為なので辞めましょう。


胃洗浄と点滴を受けICUで1泊しますが、その金額10万円前後します。


最初の救急搬送後(2015.02.23)、精神的にも限界で入院したいのですが、自立支援の関係で何時もかかっている病院に行って下さい、と返されます。
何時もかかっている病院は、入院設備も何もありません。


ずっと寝てたくて、お腹も痛み辛くて又大量服用しちゃいます。
そして2回目の救急搬送(確認の取れない日)となります。

やはり、何時もかかっている病院に行って下さい、と返されます。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む 救急車をよんでしまう

ベンゾジアゼピンとの出会い

統合失調症と診断されていますが、今思い返すとベンゾジアゼピンが切れるとおかしな行動をとってました。

そんな私のベンゾジアゼピンとの出会いは20代の時でした。


大学をやっとの思いで卒業して、働きだして3年目位の時だと思います。軽い気持ちでベンゾジアゼピンに興味を持ました。


確か「バルビツール酸より安全性の高い薬」だった気がしました。

頭痛も酷く脳外科に行きました。最初はマイスリーが出たものの寝れないと訴え、最終的には、1日量ハルシオン0.25mg・サイレース2mg(ロヒプノール)・デパス3mgの処方薬をゲットし、たまに飲んでいました。


当時今と同じようにハルシオンとサイレースには処方日数に制限はありましたが、怖い事にデパスには処方日数に制限はなく平気で90日処方がまかり通ってました。


2016年法改正(投薬期間の上限:30日 適用日:平成28年11月1日)により、他のベンゾジアゼピンと同じように30日処方までとなりました。同じくして、私も手を出した個人輸入もできなくなりました。(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/oshirase/20160914-1.html参照



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きを読む ベンゾジアゼピンとの出会い