ベンゾジアゼピンとの出会い

統合失調症と診断されていますが、今思い返すとベンゾジアゼピンが切れるとおかしな行動をとってました。

そんな私のベンゾジアゼピンとの出会いは20代の時でした。


大学をやっとの思いで卒業して、働きだして3年目位の時だと思います。軽い気持ちでベンゾジアゼピンに興味を持ました。


確か「バルビツール酸より安全性の高い薬」だった気がしました。

頭痛も酷く脳外科に行きました。最初はマイスリーが出たものの寝れないと訴え、最終的には、1日量ハルシオン0.25mg・サイレース2mg(ロヒプノール)・デパス3mgの処方薬をゲットし、たまに飲んでいました。


当時今と同じようにハルシオンとサイレースには処方日数に制限はありましたが、怖い事にデパスには処方日数に制限はなく平気で90日処方がまかり通ってました。


2016年法改正(投薬期間の上限:30日 適用日:平成28年11月1日)により、他のベンゾジアゼピンと同じように30日処方までとなりました。同じくして、私も手を出した個人輸入もできなくなりました。(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/oshirase/20160914-1.html参照



にほんブログ村
人気ブログランキングへ

2件のコメントがあります

  1. miy

    書き込みありがとうございます。
    励みにして頑張ります

コメントを残す